事業所の外構工事。

事業所のお盆休みを利用して事業所出入り口まわりの外構工事を実施しております。お盆休み返上で猛暑の中、職人さんにがんばっていただいております。                  既存の電動式門扉の交換と門柱の幅を削り出入りの開口を大きくして出入りを容易に行えるよう改善する工事を実施します。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

川越氷川神社の縁むすび風鈴。

川越氷川神社の縁むすび風鈴を見学に行って参りました。猛暑の日差しの中で風が吹くとガラスの風鈴が一斉に揺らめいていました。境内の木々の緑の背景と相まって美しい日本の夏の景色を感じることが出来ました。

  

  

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

木鼻の獏。

下の三枚のの写真は、それぞれ神社の建物の柱につく木鼻と呼ばれる装飾彫刻です。いずれも江戸中期1600年代後半から1700年代に創られたものといわれています。1608年の木割書「匠名」の奥書に大工は、「五意達者」であるべきだと記してあります。五意とは、①木割り ②木割り値と墨付けの計算、積算 ③実地の工作 ④彫刻の下絵図の作成 ⑤彫刻の実技 すなわちこの時代の大工は、設計、積算、施工から彫刻の下絵、製作まで行っていたということです。

ところで下の写真の木鼻の獏ですがとても良く似ている感じがします。一番上の写真は、妻沼聖天山歓喜院の木鼻の獏ですが歓喜院の大工棟梁は、地元の林兵庫正清、正信親子です。正清は、上記に記した匠名を残した家柄で江戸幕府作事方大棟梁平内応勝の二男で林家に婿入りした人物といわれています。真ん中の写真は、高崎にある八幡八幡宮にある木鼻の獏ですが宮司さんに直接お伺いしたところ作者は不明ながら歓喜院と同じ工匠が建立に関わったという学者さんもいるということです。

一番下の写真ですが弊社地元の惣鎮守美女木八幡社本殿の木鼻の獏ですが上の2つの獏に作風が似ている感じがします。あくまでも私の主観です。地元の惣鎮守の神社が国宝や県指定文化財のそれと似ている感じがしてしまうのは、やはり贔屓目に見てしまうからでしょうか?

ともあれ江戸時代の建築や先人の工匠の技術に思いを馳せることは、現代の建築にもつながりるとても良い勉強になります。

↑熊谷市にある妻沼聖天山歓喜院本殿のある木鼻の獏(国宝)

↑高崎市にある八幡八幡社幣殿にある木鼻の獏(群馬県指定文化財)

↑美女木八幡社本殿の木鼻の獏

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

屋根修理工事。

板金桟葺の屋根の修理工事を実施致しました。かなり傷んでましたがきれいに改修できました。板金屋さんお疲れさまでした。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

美女木八幡社本殿実測調査。

昨日、地元の美女木八幡社本殿のヘリテージマネジャー研修に伴う実測調査を実施させていただきました。

覆屋の中にある二間社流造の本殿です。木鼻の獏の彫刻が庶民的で愛らしく彩色もされていた痕跡があります。元禄期初頭に修復を行ったという記述が文章で残されております。

郷土にこれほど素晴らしい建築が残されていることに感動すると共に後世に伝えていく現代の私たちの責任も痛感致しました。

ご協力頂いた氏子総代様、氏子代表の方々、本当に有り難うございました。有意義な調査を実施することが出来ました。

 

    

      

カテゴリー: 未分類 | コメントする

浴室リフォーム工事。

進行中の浴室リフォーム工事。タイル張りの浴室からTOTOシステムバスルームの浴室にリフォームさせて頂きました。足元にやさしい「ほっカラリ床」お湯が冷めにくい「魔法瓶浴槽」室温のバリアフリー「浴室暖房機」など快適なアイテム盛り沢山で安全、安心、快適な浴室に生まれ変わりました。

リフォーム工事前の浴室

 

明るくお手入れしやすい浴室に生まれ変わりました。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

薪ストーブの話

今日は午後から数年前にお世話になったクライアントのお宅に遊びに行って参りました。数日とても寒い日が続き設置させて頂いた薪ストーブのポテンシャルを体験してきました。玄関を開けるとすでのポカポカの暖かさで吹き抜けを通して2階も含め家全体が暖まってました。

薪ストーブは、ダッチウエスト社のセコイアFA455という機種です。燃焼方式は、輻射式と対流式を兼ねたストーブです。石油ファンヒーターやエアコンのように熱風の吹き出しもなくやさしい暖かさが家全体を包み込んでいる感じが致しました。薪ストーブの命ともいえる煙突の性能も良くバックドラフトもなくクレオソートの溜まりもほとんどないとのことでした。ご主人は、燃焼が良すぎて薪の減りがとても早いと笑ってました。

太陽エネルギー(CO2)をたくさん吸収した木をエネルギーに変換する方式をカーボンニュートラルといいますがこの方式で暖を取るのは、最良の方式だと私は思います。地球のこともありますが何より薪を調達したり、薪割りしたり薪ストーブでたくさんの「事」や「つながり」が起こることが忙しいそうであり又、楽しそうです。薪割りでお腹の脂肪もニュートラル できるそうです。(笑)

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

給水ポンプ設備交換工事。

お世話になっている地元の自動車教習所の給水ポンプが老朽化しているとのことで不具合の発生する前に交換をさせて頂きました。教習所の連休は、正月のみとのことなのでお正月休み中の工事となりました。自盤面下で漏水が見つかり緊急修理を行うなどありましたが無事完了いたしました。工事にあたっていただいた設備屋さん、メーカーのエバラさん、電気工事屋さんお正月休み返上で作業に従事していただきありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

本年も建築の意匠、構造、環境に「日本的なもの」を考え設計、施工して参ります。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

年末年始休業のお知らせ

2017年も弊社ホームページをご高覧頂き有り難うございました。
2018年は、戌年。私事ではございますが歳男という事で益々業務に邁進して参る所存でありますので宜しくお願い申し上げます。

尚、下記の日時正月休みとさせて頂きます。

平成29年12月30日~平成30年1月8日まで

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする